カテゴリー:仕事の悩みの記事一覧

VariousStyle~海外ドラマ,芸能,イベント・・・etc

カテゴリー:仕事の悩み

【ゴルフDVD】森守洋の永久不変のゴルフ理論~第3弾~ゴルフ上達!メジャーのスイングを取得できる!?VOL.2      

【ゴルフDVD】森守洋の永久不変のゴルフ理論~第3弾~ゴルフ上達!メジャーのスイングを取得できる!?VOL.2      

 

 

前回の続きです。

 

 

肘下の使い方と重心移動 これがプロのスイング!

 

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか~【CGMM04ADF】

 

 

 

次は、飛距離に直結する大事な部分です。

 

肘下」の使い方

 

これは、タイガー・ウッズやジョーダン・スピースに代表される身体の使い方です。

 

 

ゴルフクラブ全体が動くスピード=「第1エンジン」

 

クラブシャフト、ヘッド、肘下が回る動き、フェースターン=「第2エンジン」

 

 

この2種類に分けて説明しています。

 

ほとんどの人は、「どうクラブを振るか」ということ、つまり第1エンジンのことしか考えていません。

 

実は「第2エンジンの部分=肘下の使い方」が、大きなエネルギーを生みだし、飛距離を大きく伸ばすポイントになるんです。

 

 

なぜ、女子プロは、ヘッドスピードが40m/sくらいしかでないのに、軽々と250ヤード以上も飛ばせるんでしょう?

 

 

答えは、クラブの振り方ではなく、肘下の使い方が上手なんですね。

 

 

でも、アマチュアの人は、フェース面に真っすぐに当てたい、という気持ちから肘から下の部分をロックしようとしてしまいます。

 

 

その結果、下半身を無理に動かそうするんです。

 

 

「肘下なんて、下半身と比べると大きなエネルギーを発揮できないんじゃ?」と、思うかもしれませんが、実はまったくの逆なんです。

 

 

スイングにおいては、「肘下の回転」でエネルギー(=飛距離)が決まります。

 

 

つまり、小さな動作で、大きなエネルギーを発揮させるのが肘下なんです。

 

慣れてくると、無意識に回転できるようになるので、まずは、肘下を回すという意識を持つことが大切になります。

 

肘下の使い方は、森プロの理論の中でも特に重要な部分になります。

 

 

小さな動作で、大きなエネルギーを生みだす「肘下」。

 

これを上手く使えるかどうかが、飛距離に大きく影響してきます。

 

 

下半身の使い方

 

 

まずは「重心移動」です。

 

では、「なぜ、重心移動すべきなのか?」

 

その理由から考えていきましょう。

 

すぐに思いつくのが、重心移動のエネルギーで「スイングスピードを上げることですよね。

 

実際、もっと飛距離を伸ばしたいときは、重心の移動を使ってスピードを上げることは大切になります。

 

それともう一つ、重心移動すべき理由は「クラブの入射角度をコントロールしやすくなる」ことです。

 

重心移動で入射角度をコントロールできれば、どんな球筋でも自由に打ち分けられるようになるんです。

 

だからこそ、重心移動を使ったスイングは大切になるんですが、アマチュアの人は「下半身を大きく動かせばいい」と勘違いしています。

 

実は、重心移動で大切なのは、下半身の移動というよりも「胸郭が立体的に移動することなんです。

たとえば、インパクトのとき「左足に体重が乗らない」という悩みを抱えている人がたくさんいます。

 

自分では、そこそこ重心移動を意識し、下半身を大きく移動させているのに、左足に体重が乗らないのです。

 

 

なぜ、このような問題が起きると思いますか?

 

 

答えは胸郭が左側に移動していないから。

 

 

人間の身体の仕組み上、胸郭を左に移動できないと、右に体重が残ってしまうのです。

 

この問題を解決するには、頭と意識は右に残したまま、胸郭を左に移動させるイメージでスイングすればOKなんです。

 

 

下半身の動きは、それほど大げさに意識しなくても大丈夫です。

 

 

大事なのは、とにかく「胸郭の動き」に注意すること。

 

 

アマチュアの人は、自分では重心移動しているつもりでも、胸郭が右に残ったままの人が多いので注意してくださいね。

 

 

特に肝臓という重たい臓器が体の右側にあるため、体重が右に残りやすいのです。

 

 

8の字

 

 

 

突然、「8の字」と言われても「なんだろう?」と、思うかもしれませんので、詳しくご説明しましょう。

 

 

レッスンするときに一番多いパターンが「カットスイング」の方です。

 

 

つまりアウトサイドイン軌道でダウンスイングが下りてくる。

 

 

これは、ここまでご説明した身体の使い方から見ると、「とてももったいない身体の使い方」をしている状態なんです。

 

そういうお客さまとお話をしていると、ほとんどの場合「ゴルフは正しいトップを作ってからインパクトを迎える」と考えています。

 

つまり、トップで一度止まって、そこから打ちにいくイメージですね。

 

でも、そうすると、どうしても「ひとかたまり」のスイングになりやすいんです。

 

そういう方にレッスンするときに一番大切にしているのが、「運動の流れを一筆書きにしてもらう」ことです。

 

 

そのために、少し大げさに「8の字」にクラブを動かしてもらうんです。

 

 

みなさん、最初は「こんな動きをするんだ!」と驚かれますが、実際にその動きでボールを打ってもらうと、一発でドローボールが出るようになります。

 

 

ゴルフスイングは、トップやダウンスイング、インパクトなどバラバラなものではなく、一筆書きのように流れのあるものなんです。

 

 

ぐるぐるとクラブを8の字にまわして遊ばせることで、自然に「一筆書きの動き=理想的な動き」が身につきます。

 

慣れてくると、意識しなくても自然に、肘下とクラブがループ軌道を描くようになるので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

 

最強タッグのDVD!

 

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか~【CGMM04ADF】

 

 

 

 

今回教わったのは、具体的な身体の使い方です。

 

森プロは、それをDVDで公開するにあたって「僕の理論を理解してくれている、トレーナーにも参加してもらいたい」と言いことです。

 

その言葉の意味は「僕は、ゴルフ理論には精通しているが、 身体の使い方ということで言えば、 バイオメカニクスの知識があるプロのトレーナーにも参加してもらう方が良い」と、いうことです。

 

 

そして、森プロの「本当に良い作品を作りたい」という思いから、今回のDVDは、森プロだけでなく、プロのトレーナーの方にも協力していただくことになりました。

 

今回、森プロの理論をトレーナーの視点から詳しく解説してくれるのは、アメリカの国家資格である、NATA公認アスレチックトレーナーを持つ高野裕正トレーナーです。

 

 

 

森守洋プロと高野トレーナーの最強タッグにより、今回お伝えする 「理想的な身体の使い方」は、とても論理的でわかりやすいものになりました。

 

 

 

では、今回のDVDには具体的にどんな内容が収録されているのか?

 

収録内容の一部をご紹介しますね。

 

 

 

上半身の使い方

 

 

 

 

 

 

腕の使い方とアドレス

 

 

 

 

 

 

下半身の使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

~まとめ~

 

 

 

このままアマチュアのスイングのままで良いのか?

 

またはメジャー級のスイングを手に入れ、周りを圧倒させたいのか?

 

は、ご自身のライフスタイルやゴルフスタイルに合わせても良いと思います。

 

 

しかし、どうせやるからにはスイングもスコアも良い方が楽しいに決まってますw

 

 

そして、コスト面からしてもパブリックコース3回分くらいですよねw

 

 

さらには90日間の返金保証つきなのも安心できます。

 

 

なので、一度手に取ってじっくり考慮できる時間はあることで、なおオススメします。

 

 

 

それでは良いゴルフライフのために・・・

 

 

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか~【CGMM04ADF】
 

もう一度最初からご覧になるにはコチラから

 

 

 

ソフトボールの練習 厚木商業式で強くなる練習方法とは【厚木商業高校ソフトボール部監督 宗方貞徳 監修】              】

 

 

ども~綾波一朗です。

 

 

春の甲子園も終わり、次なるは「夏の甲子園」が始まりますね~。

 

 

僕も小さい時から「ソフトボール」・「軟式野球」・「硬式野球」と練習ばかりしてあんま遊んでないように思いますw

 

 

今と違ってエースやキャプテンともなれば、「肩を冷やすな!」「練習中に水飲むな!」とか当たり前のように言われていたので、真夏にはぶっ倒れるんじゃなかと思うくらいでした。

 

 

昔の当たり前は、今では非常識ですもん(笑)

 

 

現在に、そんなことを指導者がすれば保護者に何と言われるか、最悪なケースだと虐待とされ逮捕されることも・・・。

 

 

 

過去の常識は現在の非常識なこともあるので、日々の情報は大切だと思う今日この頃ですねw

 

 

さて、ここ数年で野球よりサッカーが人気なこともありますが、まだ記憶にも新しいかと思われる女子ソフトボール日本代表は、2008年の北京オリンピックで「金」を獲得しましたよね。

 

 

「日本代表」の活躍の影響なのか、女子学生でもソフトボールが盛んな地区もあるとか・・・。

 

 

本日は、特に指導者・監督に選手の指導について悩んでいらっしゃる方には朗報です!

 

 

「厚木商業式」強くなる練習メニューと上達エッセンス

 

 

 

商品名 ソフトボール厚木商業式・強くなる練習メニューと上達エッセンス
販売業名 株式会社トレンドアクア
運営統括責任者 木部泰明
所在地 東京都港区南青山4丁目17-33グランカーサ南青山2F
電話番号 03-6869-5568
メールアドレス info@trendaqua.co.jp
販売価格 税込25,930円
商品の引渡し方法 注文確定日の翌営業日に発送致します。(日曜、祝日および年末年始を除く)
DM便での発送ですので、注文確定日から到着までは、3~7日かかります。
免責 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも効果を保証したものではございませんのでご了承ください。

 

 

販売ページはコチラ

 

 

厚木商業ソフトボール監督「宗方貞徳」とは

 

 

1962年生まれ。神奈川県平塚市出身。

 

厚木商業高校ソフトボール部監督。

 

伊勢原高校時代に野球からソフトボールに転向し全国3位の実績を残す。

 

大学は国士舘大学に進みインカレで2度の準優勝。

 

大学卒業後は教員として平塚市立山城中学校、金目中学校に勤務。

 

その後、平塚商業高校のソフトボール部監督に就任し、2007年には東日本大会で優勝に導くなどの実績を残す。

 

2009年から厚木商業高校ソフトボール部の監督に就任し、インターハイ優勝(2011・2012連覇)、全国選抜優勝(2015)を達成。

 

2013年はU19日本代表のヘッドコーチ(監督)を務め世界一に導いた。

 

 

主な指導実績

 

2009年 国民体育大会2位
2010年 国民体育大会1位(雨天により他チームとともに同一1位)
2011年 全日本高等学校女子ソフトボール選手権大会優勝
2012年 全日本高等学校女子ソフトボール選手権大会優勝(2連覇)
2013年 世界女子ジュニア選手権大会(U19)優勝
2014年 全日本高等学校女子ソフトボール選手権大会3位
2015年 全国高等学校女子ソフトボール選抜大会優勝
全日本高等学校女子ソフトボール選手権大会3位

 

 

書籍

 

 

ソフトボール監督・コーチ入門、池田書店(2013年)

 

 

ソフトボール指導者としてのこんな悩み?

 

 

 

 

  • どう指導したらうまくなるのか分からない

 

  • バッティングのタイミングがつかめない

 

  • バッティングで遠くに飛ばせず飛距離が出ない

 

  • 打つ方向をコントロールできない

 

  • インコース、アウトコース、低めが、高め、ライズボール、ドロップボール、チェンジアップがなどと苦手なコースや球種があって打てない

 

  • バント、スラップ、プッシュが決まらない…

 

  • エラーの数が多くてどうしたらいいか分からない

 

  • 正面のゴロやバウンドする打球がうまくとれない

 

  • 的確な守備の判断ができずアウトがとれるはずなのにとれないことがある

 

  • 戦略や戦術が分らず、どう試合を展開していけばいいのかいつも悩んでいる

 

などなど、ソフトボールの悩みはたくさんあるものですよね。

 

他にも、競った試合で負けてしまう、試合の主導権を握られやすいという悩みを抱えている人も少なくありません。

 

 

厚木商業が重視する上達の秘訣と練習とは

 

 

新しく部員が入部してきたと思ったら2年半もしたら引退するのが高校の部活です。

 

 

短期間で全国大会に通用する選手を育てるためには無駄なことをやっているわけにはいきません。

 

 

ですから、厚木商業で実施している練習は全てが必要な練習で無駄なことは1つもありません。

 

 

そのなかでも特に重視するのはやはり基本です。

 

といっても、基本ができていないと試合では通用しませんが、全国大会となると基本だけでは足りません。

 

 

基本は絶対的に必要ではありますが、レベルが上がれば、どうしても基本だけでは不十分になってしまうということです。

 

 

基本をベースにして点が取れる場面、アウトが取れる場面では確実に取る、試合の流れやそのときの状況などによって臨機応変に対応できる力を選手に養わせる独自の練習を行なっています。

 

 

それらの練習はすべてに対して「なぜ、その練習するのか?」という明確な理由があり、選手に合わせて何が得意で何が苦手なのか、その選手がやりやすい方法かどうかといった選手の個性を活かすというところもしっかりと考えられた練習と指導を行ないます。

 

 

厚木商業での指導方法の例

 

 

厚木商業では捕球、送球、打撃、それぞれに対して下半身の使い方、上半身の使い方、体重移動のコツ、重心の位置、視線を向ける先、タイミングといったことを基本として徹底的に身に付けていきます。

 

 

これだけ細かくあると人によっては難しく思うかもしれません。

 

ですが、ごく一部のすごい選手しかできないような特別な練習ではありませんので心配は不要です。

 

 

技術レベルが十分ではない状態から入部している選手もいますから普通に体が動けば誰でもできるようなメニューです。

 

 

それだけ細かく指導するから選手も何をしたらいいかがわかり、上達しやすくなるということでもあります。

 

 

あいまいな感覚的な指導や練習もしません。

 

 

具体的にどう動くのかという解説と、なぜその練習が必要なのか?という納得のいく説明をもとに指導をしています。

 

 

そして、先ほどもお伝えしたとおり、選手の個性に合わせて押さえるべき基本はここまで、あとは選手の感覚に任せるというような線引きもしています。

 

 

それに加えて、全国大会で何度も優勝してきたこれまでの経験、出場する試合の特性などを考慮して試合で勝てるようなチームになるよう工夫をしています。

 

 

そこにも強さの秘訣が隠れているとも言えるでしょう。

 

 

厚木商業が普段から取り組んでいる練習を公開

 

 

 

厚木商業では具体的にどんな練習をしているのか?

 

どんな目的で、なぜその練習をするのか?

 

どうやって選手に接して指導しているのか?

 

 どうやって選手の個性を活かすような指導をするのか?

 

どういう試合展開を想定して練習しているのか?

 

レベル別にどう指導してどんな練習をしているのか?

 

 

といったことが気になると思います。

 

 

あなたが宗方監督に直接聞ければそれが一番かとは思いますが、なかなかそうはいかないのが普通でしょう。

 

 

そこで、宗方監督に厚木商業で行なっている練習メニューとその解説を撮影させていただけないか協力の依頼をしました。

 

 

その結果、ソフトボールのためにならということで快諾をしていただけました。

 

 

せっかくなら厚木商業が普段から行なっている練習を余すことなくきっちりと収録したいと思いましたので、厚木商業の選手をモデルに、厚木商業が普段から行なっている練習をできる限りDVDに収録しました。

 

 

単に練習メニューを収録するたけではなく、宗方監督がどんな目的で何を重視してその練習をしているのか、どんな注意があるかなど、詳しく解説しています。

 

 

試合を想定した戦術的な要素を含めながらの解説もありますからより一層、試合に生きるような形で厚木商業の練習をあなたのソフトボールにも取り入れられるようにしています。

 

 

なので、このDVDによって、こんなことが分かります。

 

強豪校が具体的にどんな練習をしているかが分かります

 

宗方監督がソフトボールで何を重視しているのかが分かります

 

「なぜその練習をするのか?」「基本動作がなぜ必要なのか?」「どういう場面で活きるのか?」ということが分かりますので、選手に指導するときにも自分が練習するときにも納得度の高い練習ができます

 

具体的な練習メニューが豊富で段階を追ってどう練習していくかもわかりますので、自分のチームのソフトボールの練習にも取り入れやすいです

 

 

できる限り、ソフトボールの上達に役立つDVDを作成したこともあり、4時間にも及ぶ大ボリュームに仕上がっています。

 

 

ソフトボール厚木商業式・強くなる練習メニューと上達エッセンス ~まとめ~

 

 

 

プレイヤーとしての悩みと指導者としての悩みでは、異なることが多々あると思いますが、基本的なものはなんにせよ基礎にあるものだと思います。

 

 

仕事も勉強も同じく、できる人から学ぶのが一番の早道なのは、いうまでもありません。

 

 

指導者として壁にぶつかって分からないことを考えるよりも一見は百聞にしかずとも言いますので、一度手に取ることも一つの手段かもしれません。

 

 

最後までお付き合いただき、ありがとうございました。

 

 

良い指導者を目指す方はコチラから

 

 

 

パソコン マイクロソフトオフィス エクセル・ワードは独学で上達する!?【楽ぱそDVDプレミアム】木藤 隆司            

 

 

ども~綾波一朗です。

 

 

パソコンの活用ってネット検索や動画を観たりすることが、多いのが一般的ですかね~w

 

 

マイクロソフトのオフィスでエクセルやワードを使用する場合は、仕事での活用が多いのは僕だけではないはず・・・

 

 

ある程度は、少し触れれば直感的にわかる部分もありますが、「こんな時どうすんのやろ~」と思い、ネットで検索するもなかなかピンポイントでヒットしない時は、作業よりも検索時間だけにかなりな時間を割かれると辛いんですよねw

 

 

楽パソでオフィスが得意分野に・・・!?

 

 

 

 

販売業者 フクラシステムズ
運営責任者 木藤 隆司
所在地 愛知県小牧市間々原新田576-3
※こちらの住所での直接販売はしておりません。
電話番号 080-9213-5482
E-mail netoban○yahoo.co.jp ○を@にしてください。
販売金額 18,800円
返品・交換 お客様のご都合等によるキャンセル・ご返金は承ることができませんことをご理解の上、お申込み下さい。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございませんことを十分に確認し、ご理解の上、自己責任の上でご購入及びご活動下さい。

 

 

 

販売ページはコチラ

 

 

まず、パソコンで仕事をするときに必要なスキルといえば、「ワード」・「エクセル」・「パワーポイント」まで覚えていれば大概なことは網羅できるかもしれません。

 

ワードとは?

 

 

ワードは文書を作成するソフトです。

 

文書作成ソフトでは最も高いシェアを誇り、企業や個人で幅広く利用されています。

 

ワードでは文章を加工したり、写真や図形、イラストを入れたりできるので見栄えの良いきれいな書類を作成することができます。

 

主に報告書などの書類を作成したり、POP・チラシや宛名ラベルを作成したりと幅広く利用されています。

 

エクセルとは?

 

 

エクセルとは表計算を行うソフトです。

 

表計算ソフトでは最も高いシェアを誇り、ほとんどの企業や個人で利用されています。

 

エクセルでは表を作成したり、表の中に数式を埋め込んで集計や計算をさせたりグラフを作成したりする機能を持っています。

 

主に見積書を作成したり、収支報告書を作成したり、経営分析など幅広く利用されていますよね。

 

パワーポイントとは?

 

 

パワーポイントとはプレゼンテーションソフトです。

 

マウスをクリックするだけで順番にスライドを変えてゆくことができます。

 

文字や図形、写真やイラスト、音声などを入れて視覚的にわかりやすいスライドを作成することができます。

 

主に営業のプレゼンテーションや会議、発表会など、スクリーンにスライドを映して説明をするときなどに利用されています。

 

 

と、ここまで使いこなせれば「できる男!」と言われるかもしれませんが、さらに上を目指すならば「アクセス」・「WEBプログラミング」まで習得してしまえば「モテ男!」として、あらゆる部署や会社からのオファーも夢ではありませんよw

 

アクセスとは?

 

 

アクセスとはデータ管理ソフトです。

 

大量のデータを効率的に管理したり、加工することができます。

 

たとえば条件に一致するデータのみを表示させたり、特定のデータを一括で削除・修正したりすることができます。

 

業務用ソフトを作成する際にも利用されており、多くのソフトウェア会社で採用されています。

 

エクセルでは困難な集計でも、アクセスなら簡単に解決できることがよくあります。

このアクセスの操作までマスターしていれば、事務処理関係でパソコンに困ることはほとんどないでしょう。

 

主に顧客管理や販売管理、経理システムなどの作成に利用されています。

 

webプログラミングとは?

 

 

WEBプログラミングとはインターネット上で動くアプリケーションを作成する技術です。

 

WEBプログラミングを覚えることによってWEBアプリケーションを作ることができます。

 

WEBアプリケーションとはユーザーがインターネットエクスプローラーなどで情報を入力したり、閲覧したりできる仕組みのことですよね。

 

 

有名なフェイスブックやGREEやグーグルなど、どれもWEBアプリケーションで作られていて、よくある「お申し込みフォーム」などで名前やメールアドレスを入力して送信ボタンを押して登録したり、キーワードを入力して情報を閲覧したり出来るサイトをご覧になったことがあると思いますが、これらもすべてWEBアプリケーションです。

 

 

仕事上WEBプログラミングまで必要なのか?

 

 

 

もしあなたが起業に興味があるなら、WEBアプリケーション作成のスキルは強力な武器になります。

 

WEBアプリケーションを作成するのに特別な機械などは必要ない上にWEBアプリケーションを自分で作って、何か人に喜ばれるサービスを展開すればフェイスブックやGREEのようなビッグチャンスをつかむことができる可能性があります。

 

 

自分でWEBアプリケーションが作れない場合は、高額な費用でシステム会社に外注することになりますが、自分で作ることができればいくらでも、思いついたサービスを展開することが出来ますよね。

 

これは非常に強力な資産ともいえます。

 

 

あの大手ゲーム配信サービスGREEの田中社長もはじめは自分でプログラミングを
学んでGREEを作ったところ現在のような巨大なサービスにまで成長しました。

 

自分でWEBアプリケーションを作ることができれば、ビッグチャンスを狙うことも可能だということです。

 

また、世界最年少億万長者で、映画「ソーシャル・ネットワーク」という映画にもなった
フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は2011年のフォーブス誌の世界長者番付で日本円で約1兆1,475億円と発表されました。

 

これもWEBアプリケーションのもつ大きな可能性の一例です。

 

 

彼ははじめ、自分の通う大学の学生がお互いに交流できる場を作ろうとしてフェイスブックを作りました。

 

しかし、それが多くの人のニーズにピッタリとマッチし、全米の大学にまで広がり、さらに一般市民 → 全米 → 全世界と広がっていき現在、億単位の参加人数を誇っています。

 

 

「動画パソコン教室 【楽ぱそDVD】」では、これらのワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングについて基本から応用までビジネスやプライベートですぐに使えるテクニックを自宅で、わかりやすい解説と動画でスムーズにマスターすることができるんですよね~。

 

 

 

パソコンを上達させるコツとは?

 

 

 

 

パソコンが上達するコツとしては、まず、わかりやすい教材で学習することが大切ですよね。

 

わかりやすいと学習していて楽しいですし、記憶にしっかりと残ります。

 

逆にわかりにくいと学習するのがだんだんイヤになって挫折の原因にもなります。

 

 

あなたもご経験があるかもしれませんが、同じことを学習するにもわかりやすい参考書とわかりにくい参考書の両方が存在します。

 

特にパソコン系でわかりやすい教材の最低条件としては動画などで実際の操作画面をそのまま再現して解説しているということです。

 

 

もうひとつのコツとしてはこれも教材によりますが、実務や趣味でよく使われる機能がちゃんと解説されているかどうかということです。

 

ソフトの機能はいろいろありますが、やはりよく使う機能とほとんど使われない機能の
両方があります。

 

実務や趣味でよく使う機能から学習していけば、実際に仕事やプライベートでパソコンを使う際にも、「あ、これはこの前覚えた機能が使えるな!」という感じで、すぐに利用できるので上達感を感じながら、パソコン操作の能率がアップしていきます。

 

 

以上の条件を満たす教材を使って毎日少しずつでも、細切れ時間を利用して学習すれば確実にパソコンのスキルをアップさせることができます。

 

 

 


 

 

販売ページはコチラから