こんばんは!

 

 

綾波一朗です。

 

 

2月に入り寒さもピークに来た感がありますよねw

 

 

それよりも何も今は、世界に猛威を震わせているのは「新型コロナウイルス」に尽きるのかと思います。

 

今、現在で死者の数が1000人を越えたみたいです。

 

BBC NEWS┃JAPAN より

 

 

コロナウイルスとは?
発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることが分かっています。
そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。
残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)の占めます。
新型コロナウイルスはヒトからヒトへうつりますか?
ヒトからヒトへの感染は認められていますが、日本国内で、現在、流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザと同様に、まずは、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」や、石けんを使った手洗いなどの感染症対策を行うことが重要です。
新型コロナウイルスは動物からうつりますか?
新型コロナウイルスは、ペットからは感染しません。
なお、動物を媒介する感染症は他にありますので、普段から動物に接触した後は、手洗いなどを行うようにしてください。
潜伏期間はどのくらいありますか(その期間も感染しますか)?
世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。
と、厚生労働省のホームページに記載されていたので、みなさんも参考にされて予防してくださいませ。
さて、本日のタイトルは衝撃的ではなかったですかww
意外にも冗談ではないので、興味があれば読み進めていただければと思います。

シンガポールの医者が発見!!仕事中の睡魔を解消する5つの方法

人間が眠気を感じる条件は、大きく分けて5種類あります。

 

 

今日、このページでそれら全てを紹介します。

 

 

そして、以下のような未来が手に入るはずです。

 

  • 仕事中の辛い眠気から解放される
  • 居眠り運転で事故らなくなる
  • 会議中にウトウトし、人前で怒られる事が無くなる

 

まず、この手紙で紹介している、5種類の睡魔の解説を読んで下さい。

 

 

そして、対策として日常生活に一工夫を加えてみて下さい。

 

「即」と言うと怪しいかも知れませんが、まさにその瞬間から、あなたを困らせる
眠気を撃退出来ると確信しています。

 

 

一瞬の睡魔が死を招く…

 

 

 

睡魔の恐ろしさは、最悪あなたの命さえも奪ってしまう事です。

 

 

居眠り運転による事故は、毎日のように起こっています。

 

 

「ついウトウトしたら、次の瞬間には命が…」という危険性もゼロではありません。

 

 

打ち所が悪ければ、死んでしまいます。

 

 

また、ブラック企業に勤めると睡眠不足から来る睡魔でストレスが溜まり、様々な鬱や、体調不良、果てには自殺に発展するケースもあります。

 

 

眠気が原因(トリガー)になって、命を落とす事は十分あり得るわけです。

 

 

電車の乗り過ごしや遅刻の原因になる

 

 

死亡とまで行かずとも、あなたの社会的評価や信頼を著しく落としてしまう可能性は高いです。

 

 

私にも何度か覚えがあるのですが、バスや電車を乗り過ごし、仕事の予定や待ち合わせに遅れてしまうというトラブルです。

 

 

社会人として、「時間管理が出来ない」というのは致命的に評価を落とします。

 

 

遅刻や寝坊が多いだけで、「あの人、真面目なんだけど遅刻癖がね…」と悪い噂が流れたり、重要な仕事を任されなくなったりするのです。

 

 

職場の女子社員からも「いつも遅刻してダサいなあ」と陰口を叩かれ、軽蔑されているかも知れません。

 

 

また、何万円もする飛行機や新幹線に乗り遅れて、チケットを買い直すハメになる場合もあります。

 

 

それが自腹なら痛い出費です。

 

 

会社に取ってもらったチケットなら、さらに迷惑を掛けてしまうわけです。

 

 

会議中に寝落ちする格好悪い姿

 

 

 

大事な会議やミーティング中に寝落ちしたり、ウトウトしたり、首がカクンッカクンッと
なっていると、周囲からの印象は確実に悪くなります。

 

 

「大事な会議で居眠りするやつ」

「不真面目だ」

 

と思われてしまうわけです。

 

 

あなたにそんな気が無く、真剣に会議へ参加したいと思っていても、睡魔が発生するだけで、周りからは「やる気が無いやつだ」と映ってしまうのです。

 

(国会でも居眠りする議員がいますが、印象は最悪ですよね…)

 

そんなマイナスイメージが災いして、給料やボーナスに響くかも知れません。

 

 

眠気は給料ダウンにも繋がる可能性があります。

 

 

体調不良をも併発

 

 

睡魔を無理に我慢すると、体調不良を引き起こします。

 

 

あなたにも覚えがあるかも知れませんが、「眠いけど寝られない」という状態が続くと、
頭痛や腹痛が発生します。

 

 

また、目の下にクマが出来たり、代謝が悪くなって下っ腹がボコンと出たり、肌が荒れる人も多いです。

 

 

寝不足を我慢したせいでストレスが溜まって、過食症や下痢、不眠症など、15種類を超える体調不良を引き起こしてしまう場合もあります。

 

仕事ミスが確実に増える

 

 

眠いと注意力が散漫になり、仕事の凡ミスが確実に増えます。

 

 

特にデスクワーカーだと、書類に誤字脱字があったり、メールの送信先を間違えたり、動画の再生中に数分寝落ちして、どこまで観たか分からなくなったりします。

 

 

大事な社内の情報を取引先に漏らしてしまったり、契約書の値段を1桁間違えたりすると、始末書モノです。

 

 

みんなの前で上司からこっぴどく説教され、恥をかいてしまう恐れもあります。

 

 

また、眠いと集中力がダウンします。

 

 

すると、大事な仕事があるのに、モチベーションが上がらなかったり、何となくダラダラ動画を観て時間を浪費したり、非効率的な行動を取り始めてしまうのです。

 

 

睡魔はあなたを嫌われ者にする

 

 

睡魔は、あなたの人間関係をも破壊する可能性があります。

 

 

「眠くてついイライラしてしまう」
「家族や恋人にキツく当たってしまった」

 

という覚えが、あなたには無いでしょうか?

 

 

相手は何も悪くないのに、つい怒ってしまったり、冷たくしてしまうのですよね。

 

 

すると、喧嘩に発展したり、相手が何も言わず、あなたから離れていったり、別れ話にも繋がります。

 

 

人間関係にも悪影響を及ぼしてしまうと言うわけです。

 

 

毎朝スッキリ布団から出られる

 

 

 

 

しかし、睡魔に適切な対策をすると、かなり日常生活が変わります。

 

 

まず、毎朝スッキリ起きられるようになります。

 

 

脳の詳しいメカニズムなので省略しますが、「眠くなったから寝る」という受動的な睡眠と、「これから寝よう」という能動的な睡眠とでは、質が5〜10倍は変動すると言われています。

 

 

つまり、「もう眠くて耐えられない!バタっ」という寝方は、睡眠効率が最悪なんです。

 

 

なので、翌朝も眠気を引きずって、スッキリ起きられない場合があります。

 

 

しかし、睡魔対策をきちんとすれば、夜寝る瞬間まで眠気に悩まされません。

 

 

「毎日この時間に寝ると決めたから寝る」

「大事な仕事が終わったから寝る」

 

という風に、自分の意思で寝るようになるので、睡眠の質も格段に上がるのですね。

 

 

覚醒した意識でバリバリ働ける

 

 

 

 

日中の睡魔が出なければ、フルスイッチでバリバリ働けます。

 

 

あなたも24時間365日ずっと眠いわけではなく、十分な睡眠を取れて、テキパキ仕事を出来る日がたまに無いでしょうか?

 

 

「そんな状態を1年ずっとキープ出来たら…」

 

と考えると、仕事の生産性はバツグンに上がります。

 

 

しかも、「眠い、辛い…」という情動が無くなるので、毎日の過ごしやすさが別次元になるわけです。

 

 

私も今は、眠気をほとんど感じない生活を送っています。

 

 

3〜4日に1回くらい、眠気を感じる瞬間はありますが、適切な事後対策をすれば、30秒くらいで退治出来ます。

 

 

ほぼ眠くならない生活で、かなり快適です。

 

 

あなたも同じ状態になり、仕事をパッと終わらせれば、苦痛なサービス残業も必要無くなります。

 

 

午後5時までにハイスピードで仕事を完了させ、山積みのタスクに追われている先輩を尻目に、あなただけ先に帰る事が出来るはずです。

 

 

社会人として評価される

 

 

 

 

睡魔対策が上手くなると、あなたの仕事能率は格段に上がります。

 

 

今まで30分掛かっていたメール処理が10分で終わったり、2〜3時間も「うーん、うーん…」と悩んでいた問題が20分でパッと解決したり、仕事スピードが大幅にアップするわけです。

 

 

また、居眠りや寝落ちが無くなるので、周りからの印象も確実に良くなります。

 

 

「あいつはいつもバリバリ仕事をしていて凄い」

「あいつが眠そうにしている姿を見た事が無い」

 

と思われ、周囲から尊敬を集められるのです。

 

 

新入社員が入った時も、あなたの働く姿が「仕事のお手本」として紹介されるかも知れません。

 

 

カフェイン中毒は卒業

 

 

 

 

睡魔を予防出来ると、単純にカフェイン中毒を卒業出来ます。

 

 

眠い時はコーヒーに頼るという発想ではなくなるわけです。

 

 

カフェイン中毒は体の冷え、イライラ、焦りなど、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

また、コーヒーと言っても高いので、頻繁にカフェへ寄ると毎日数百円、あるいは1000円以上が飛んでしまいます。

 

 

高いエナジードリンクや栄養ドリンクだと、さらに出費になるわけです。

 

 

が、睡魔対策が出来るとカフェインにむやみやたらと頼る必要が無くなります。

 

 

コーヒーや紅茶、エナジードリンクを嗜好品として、「味が好きだから飲む」という発想で、楽しめるようになるわけなんですね。

 

 

ストレスが無くなり快適

 

 

 

 

「眠いけど我慢しないといけない」

「大事な仕事を終わらせないといけない」

 

というストレスから解放されます。

 

 

睡眠欲は人間にとって、呼吸(酸素が欲しい)の次に強力な欲求だと言われています。

 

 

そんな眠気を無理やり我慢しても、「辛い」「キツい」「しんどい」と感じるだけです。

 

 

でも、睡魔の出ない生活が出来れば、日中の「眠い…」が無くなります。

 

 

眠気を我慢するという発想自体、消える可能性が高いのです。

 

 

大袈裟かも知れませんが、睡魔の予防は、あなたの人生を変えるインパクトがあると確信しています。

 

 

私自身、毎日の仕事や日常生活が、別次元に快適になったのです。

 

 

東雲司(しののめ・つかさ)とは

 

 

 

 

↑こんな方らしいですw

 

 

出版社に勤めるデスクワーカーです。

 

主に執筆作業をしますが、おかげで1日12時間はノートパソコンを使う日も少なくありません。

 

 

すると、眠気が発生した時、かなり辛いのです。

 

 

まぶたが重い、首がカクンッカクンッとなる、横になって眠りたい・・・

 

 

だけど、大人しく机に座って、執筆を続けるしかありません。

 

 

リフレッシュと思ってトイレに立ったり、缶コーヒーを飲んだり、顔を洗ったりしても、
根本的な解決にはなりませんでした。

 

 

結局、仕事中は何度も寝落ちし掛けていたのです。

 

 

休日も眠く、「10分だけ仮眠しよう…」と思ったら、そのまま3時間寝も寝てしまった事があります。

 

 

一番キツかったのが会議です。

 

 

会議中にどうしても眠くなってしまい、手の甲をつねる、あくびを噛み殺す、息を止めるといった方法で何とか耐えていました。

 

 

でも、時計を見るとあと最低1時間は続きそう..

 

 

そんな地獄の時間を毎週のように過ごしていたのです。

 

 

だから、当時の私は眠気に怯えていました。

 

 

睡魔が怖いと思っていたのです。

 

と言う方ですねw

 

 

睡魔キラー