ども~綾波一朗です。

 

 

パソコンの活用ってネット検索や動画を観たりすることが、多いのが一般的ですかね~w

 

 

マイクロソフトのオフィスでエクセルやワードを使用する場合は、仕事での活用が多いのは僕だけではないはず・・・

 

 

ある程度は、少し触れれば直感的にわかる部分もありますが、「こんな時どうすんのやろ~」と思い、ネットで検索するもなかなかピンポイントでヒットしない時は、作業よりも検索時間だけにかなりな時間を割かれると辛いんですよねw

 

 

楽パソでオフィスが得意分野に・・・!?

 

 

 

 

販売業者 フクラシステムズ
運営責任者 木藤 隆司
所在地 愛知県小牧市間々原新田576-3
※こちらの住所での直接販売はしておりません。
電話番号 080-9213-5482
E-mail netoban○yahoo.co.jp ○を@にしてください。
販売金額 18,800円
返品・交換 お客様のご都合等によるキャンセル・ご返金は承ることができませんことをご理解の上、お申込み下さい。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございませんことを十分に確認し、ご理解の上、自己責任の上でご購入及びご活動下さい。

 

 

 

販売ページはコチラ

 

 

まず、パソコンで仕事をするときに必要なスキルといえば、「ワード」・「エクセル」・「パワーポイント」まで覚えていれば大概なことは網羅できるかもしれません。

 

ワードとは?

 

 

ワードは文書を作成するソフトです。

 

文書作成ソフトでは最も高いシェアを誇り、企業や個人で幅広く利用されています。

 

ワードでは文章を加工したり、写真や図形、イラストを入れたりできるので見栄えの良いきれいな書類を作成することができます。

 

主に報告書などの書類を作成したり、POP・チラシや宛名ラベルを作成したりと幅広く利用されています。

 

エクセルとは?

 

 

エクセルとは表計算を行うソフトです。

 

表計算ソフトでは最も高いシェアを誇り、ほとんどの企業や個人で利用されています。

 

エクセルでは表を作成したり、表の中に数式を埋め込んで集計や計算をさせたりグラフを作成したりする機能を持っています。

 

主に見積書を作成したり、収支報告書を作成したり、経営分析など幅広く利用されていますよね。

 

パワーポイントとは?

 

 

パワーポイントとはプレゼンテーションソフトです。

 

マウスをクリックするだけで順番にスライドを変えてゆくことができます。

 

文字や図形、写真やイラスト、音声などを入れて視覚的にわかりやすいスライドを作成することができます。

 

主に営業のプレゼンテーションや会議、発表会など、スクリーンにスライドを映して説明をするときなどに利用されています。

 

 

と、ここまで使いこなせれば「できる男!」と言われるかもしれませんが、さらに上を目指すならば「アクセス」・「WEBプログラミング」まで習得してしまえば「モテ男!」として、あらゆる部署や会社からのオファーも夢ではありませんよw

 

アクセスとは?

 

 

アクセスとはデータ管理ソフトです。

 

大量のデータを効率的に管理したり、加工することができます。

 

たとえば条件に一致するデータのみを表示させたり、特定のデータを一括で削除・修正したりすることができます。

 

業務用ソフトを作成する際にも利用されており、多くのソフトウェア会社で採用されています。

 

エクセルでは困難な集計でも、アクセスなら簡単に解決できることがよくあります。

このアクセスの操作までマスターしていれば、事務処理関係でパソコンに困ることはほとんどないでしょう。

 

主に顧客管理や販売管理、経理システムなどの作成に利用されています。

 

webプログラミングとは?

 

 

WEBプログラミングとはインターネット上で動くアプリケーションを作成する技術です。

 

WEBプログラミングを覚えることによってWEBアプリケーションを作ることができます。

 

WEBアプリケーションとはユーザーがインターネットエクスプローラーなどで情報を入力したり、閲覧したりできる仕組みのことですよね。

 

 

有名なフェイスブックやGREEやグーグルなど、どれもWEBアプリケーションで作られていて、よくある「お申し込みフォーム」などで名前やメールアドレスを入力して送信ボタンを押して登録したり、キーワードを入力して情報を閲覧したり出来るサイトをご覧になったことがあると思いますが、これらもすべてWEBアプリケーションです。

 

 

仕事上WEBプログラミングまで必要なのか?

 

 

 

もしあなたが起業に興味があるなら、WEBアプリケーション作成のスキルは強力な武器になります。

 

WEBアプリケーションを作成するのに特別な機械などは必要ない上にWEBアプリケーションを自分で作って、何か人に喜ばれるサービスを展開すればフェイスブックやGREEのようなビッグチャンスをつかむことができる可能性があります。

 

 

自分でWEBアプリケーションが作れない場合は、高額な費用でシステム会社に外注することになりますが、自分で作ることができればいくらでも、思いついたサービスを展開することが出来ますよね。

 

これは非常に強力な資産ともいえます。

 

 

あの大手ゲーム配信サービスGREEの田中社長もはじめは自分でプログラミングを
学んでGREEを作ったところ現在のような巨大なサービスにまで成長しました。

 

自分でWEBアプリケーションを作ることができれば、ビッグチャンスを狙うことも可能だということです。

 

また、世界最年少億万長者で、映画「ソーシャル・ネットワーク」という映画にもなった
フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は2011年のフォーブス誌の世界長者番付で日本円で約1兆1,475億円と発表されました。

 

これもWEBアプリケーションのもつ大きな可能性の一例です。

 

 

彼ははじめ、自分の通う大学の学生がお互いに交流できる場を作ろうとしてフェイスブックを作りました。

 

しかし、それが多くの人のニーズにピッタリとマッチし、全米の大学にまで広がり、さらに一般市民 → 全米 → 全世界と広がっていき現在、億単位の参加人数を誇っています。

 

 

「動画パソコン教室 【楽ぱそDVD】」では、これらのワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングについて基本から応用までビジネスやプライベートですぐに使えるテクニックを自宅で、わかりやすい解説と動画でスムーズにマスターすることができるんですよね~。

 

 

 

パソコンを上達させるコツとは?

 

 

 

 

パソコンが上達するコツとしては、まず、わかりやすい教材で学習することが大切ですよね。

 

わかりやすいと学習していて楽しいですし、記憶にしっかりと残ります。

 

逆にわかりにくいと学習するのがだんだんイヤになって挫折の原因にもなります。

 

 

あなたもご経験があるかもしれませんが、同じことを学習するにもわかりやすい参考書とわかりにくい参考書の両方が存在します。

 

特にパソコン系でわかりやすい教材の最低条件としては動画などで実際の操作画面をそのまま再現して解説しているということです。

 

 

もうひとつのコツとしてはこれも教材によりますが、実務や趣味でよく使われる機能がちゃんと解説されているかどうかということです。

 

ソフトの機能はいろいろありますが、やはりよく使う機能とほとんど使われない機能の
両方があります。

 

実務や趣味でよく使う機能から学習していけば、実際に仕事やプライベートでパソコンを使う際にも、「あ、これはこの前覚えた機能が使えるな!」という感じで、すぐに利用できるので上達感を感じながら、パソコン操作の能率がアップしていきます。

 

 

以上の条件を満たす教材を使って毎日少しずつでも、細切れ時間を利用して学習すれば確実にパソコンのスキルをアップさせることができます。

 

 

 


 

 

販売ページはコチラから