こんばんは!

 

綾波一朗です。

 

 

今日はウチの長男の誕生日なんですw

 

この間、生まれてて来た赤ちゃんが13年も迎えると、僕と変わらない背丈に見かけまでオッサン化してきました(笑)

 

 

卒業式の一部ですw

 

 

子供ってアッという間にデカくなりますよね~

 

これから高校~大学と進むにつれ、学費もどんどんと高くなっていくので、安心して好きなことを学ばせてやりたいのが親御心です。

 

将来的自身の持病もあり、薬剤師になりたいと・・・

 

そうなれば大学も6年間、通うとなると学費は雄に1000万は越えてくるでしょうね(汗

 

もし、子供たちが二人とも同じ道を通うとなれば、家が建つほどの学費を稼がないといけません。

 

僕もこなところでアフィリだけではいけないような・・・

 

 

と悩んでいるところに舞い込んできたのが、今回紹介するコンテンツビジネスの【ドレッシーコンテンツ】です。

 

コンテンツとは?

 

 

まず、コンテンツとはなんぞや?と思われる方に向けてなので、熟知されている方はスルーされてくださいねw

 

和英にすると、

英: (media content)とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コンテナ(wiktionary:container)の中身がコンテントcontentである。

 

デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、それらの内容である著作物を指すことも多い。

 

英語では普通はcontentと単数形で書く。本項目の英語版もContentである。

 

英語でcontentsとして複数形で書くと、普通は「目次」の意味になる。この場合は、Table of contents(内容の表)の略である。

 

コンテンツ(contents)という言葉は、1990年代頃からインターネットや携帯電話などのIT技術が急速に普及したことによって使用されるようになり、一般化したといわれています。

 

コンテンツは、直訳すれば「内容」や「中身」という意味があります。

 

しかし、最近Webサイトで使われている意味としてはただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」を表し、そこに含まれる情報が重要視されている傾向にあります。

 

カナダ出身の英文学者であるマーシャル・マクルーハンは、メディア論を発表したことでメディア研究の分野で有名になりました。

 

まだ、スマホやPCがない時代からすでに現在のメディアの発展を予言しており、1964年に刊行された彼の代表作の1つである『メディア論・人間の拡張の諸相』の中で、「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」と提唱しています。

 

つまり、半世紀以上前から、コンテンツはそれ自体がメッセージを発信するものになるとわかっていたのです。

 

コンテンツビジネスとは?

 

簡単に言うと、コンテンツビジネスとは、オリジナルの著作物等を売って稼ぐというビジネスになりますね。

 

インターネットビジネスならば、

動画

音声

文章

図解

ツール

テンプレート

などですね。

 

僕が、使用しているテンプレート(テーマ)も正に3年ほど前に購入したのが「カエテンWP-JOY」なんですが、同じ福岡の方で「ひで蔵さん」が販売されているものです。

 

色々なテンプレートを触ってみて、一番扱いやすく綺麗なサイトを自分が思うように作れたんですよw

 

この「ひで蔵さん」が、やられているのもコンテンツビジネスのひとつです。

 

それは皆さんも作成して販売するとなると、かなりの敷居の高さだと思います。

 

では、初心者や未経験者の方が、コンテンツビジネスを成立させられのかと、疑問に思われて当たり前だと思います。

 

ドレッシーコンテンツ【ちゅらき(竹内美幸)】

 

 

ドレッシーコンテンツ

 

当企画はコンテンツの質を高め、自分らしい発信で自動収入を得られること。

そして、長く愛される有料商品作りを目指すものとなります。

 

自然にリストが集まるコンテンツ集客

 

ステップメールを書いたけど、メルマガ読者数がなかなか集まらない。

 

そんなお悩みをいただくことがあります。

 

コンテンツ集客で大切なのは、まず導線を整えること。

 

これは、意外にもできてない人が多いんですよね。

 

次に大切なのが、コンテンツを認知度を高めて、あなたのファンになってもらうことです。

 

ポイントを押さえれば、少ないアクセス数でもリストは集まります。

 

夢を叶えるための戦略の立て方とは?

 

最速で結果を出すために大切なのは、最も重要なこと1つだけをやっていくことです。

 

そのためにはやることとやらないことを明確にしていくのがキーポイントになっていきます。

 

だけどほとんどの人は、違う作業を優先しまうのです。

 

せっかく頑張っているのに、作業時間だけが過ぎて結果が出ない・・・

 

モチベーションも下がっていく・・・

 

すごくもったいないと思うんですよね。

 

講義では、最短ルートで夢を叶えるための戦略の立て方を論理的にお伝えしていきます。

 

長く愛され続けるコンテンツ作りとは?

 

私の発信ではありがたいことに、「色んな人が紹介されていますね」「いつも人で賑わっていますね」「愛されているのが伝わってきます」と言われます。

 

これは、ファン化についての本質を身に付けてその通りに発信しているからです。

 

ファンというと上から目線かも知れませんが、いつもあなたの発信を見てくださる常連さんになります。

 

常連さんが増えればあなたのコンテンツが口コミで紹介されるようになり、複数の商品を購入いただいたり、自分に合うお客さんが集まってビジネスが楽しくなります。

 

反応のない薄い読者さんを集めるよりも、好きな人に愛されながら収入も増えていく方が発信していて楽しいですよね。

 

長く発信を続けるなら、ファン作りの考えは必須です。

 

講義では私の発信の意図を、本質から解説していきます。

 

真似したいと言われるコンテンツ作りの秘密とは

 

成功するためにはモデリングをすることが最短ルートになるのですが、自分の個性がなくなってしまうと辛いですよね。

 

そこで講義では、真似をしながらでも自分のオリジナリティを出すためにはどうすればいいのか?

 

コンテンツ作りの裏側として、私が普段やっていることをお伝えしていきます。

 

他の発信者が多い中であなたが選ばれるポイントとは?

 

発信しているとOLさん、主婦、ワーママ、会社員と似た環境の人が多いですよね。

 

その中に埋もれてしまったり、人との違いに悩む方が多いようです。

 

そんな中、ありがたいことに私は「ちゅらきさんがいい」と言っていただけています。

 

すでに発信者がたくさんいても関係ありません。

 

多くの人が気づいていないからこそ、学んでごぼう抜きしちゃいましょう。

 

このポイントは複数の動画に渡ってお伝えしていきますね。

 

後輩のあなたでも選ばれるポイントをお話します。

 

読者さんが自然に行動したくなるコンテンツ作りとは

 

コンテンツを作ってみたけれど、読者さんから反応が得られない。

 

反応がないから収入も得られない。

 

そんなお悩みを聞くことがあります。

 

私のメルマガ返信率は40%ほど。

 

ランチ会などのイベントを企画したりアンケートを実施すると必ず参加してくださる方がいらっしゃいます。

 

読者さんの反応と収入は比例する。

 

だからこそ、行動したくなるコンテンツ作りは大切なんです。

 

そのために私は、ある視点を持ってコンテンツを作っています。

 

その視点とは何なのか?読者さんが行動したくなるノウハウをお教えいたします。

 

あなたの発信が好きです!人に憧れられる要素の押さえ方

 

成功している人のコンテンツには共通点があります。

 

それは、お会いしたくなるほどの魅力が溢れていることです。

 

「魅力」というとふわっとして聞こえるかも知れませんが、この要素を押さえると、あなたが生み出すコンテンツはどんなものであっても魅力的になっていくんです。

 

そうなると、読者さんからは「あなたの発信が好きです!」と言われるようになります。

 

そして、これはもともとの才能ではなくて、今日から実践できることなんです。

 

本質を知って行動してくことで今日からでも変わることができます。

 

魅力の要素を押さえて人から愛されるコンテンツを提供していきましょう。

 

逆にこの要素を学ばなければ、いくらコンテンツを作っても読者さんから好かれることはありません。

 

伝え方で結果が変わる。つい行動したくなる文章の伝え方とは

 

情報発信をすることの最終地点は商品を購入いただくことです。

 

そのためには、ごりごりのセールスをするのではなく、そっと背中を押すこと。

 

読者さんの方から「あなたから買いたいです」と言われるようになるのが理想ですよね。

 

実は、「伝え方」の基本を押さえるだけで、自分が意図していることを相手の方から行動してもらえるようになるんです。

 

これができるようになると友人、パートナー、恋人など人付き合いも上手くいくようになります。

 

読者さんの心に響く。ストーリーの基本の型とは

 

コンテンツを作るときには「ストーリー」が重要になります。

 

このストーリーには基本の型があり、それを知らないと心に響かない発信となってしまいます。

 

やることは型に当てはめるだけです。

 

「感動しました!」「涙が出ました!」と心が震えるコンテンツを作っていきましょう。

 

あなたのトリコになる3つの戦略

 

情報発信ビジネスは常に他発信者がいらっしゃいます。

 

その中でもつい見ちゃう、引き込まれるコンテンツの共通点は何でしょうか?

 

実は、マーケティングの視点に基づいて戦略が仕掛けられているんです。

 

マーケティングとか戦略というと言うと難しそうに聞こえるかも知れませんが、すぐに使えるノウハウがあるんですよね。

 

これでお客さんの心をつかんでしまいましょう。

 

知っているか知らないかで変わってしまう3つの戦略をお話します。

 

あなたの魅力を高めるブランディング

 

売上を上げるために自分を安売りしたり、思ってもないことを発信したり・・・

 

自分がブレていると他者に埋もれ、苦しくなって続かなくなってしまいます。

 

ブランディングの知識を身に付けてコンテンツに載せていけば、無理なく魅力的な発信ができるようになります。

 

ぎらぎらしたものや痛い発信ではなく、あなたそのものの魅力を引き出しながら発信していけるのです。

 

その結果、高単価商品が売れたり、あなたらしいブランドイメージを作ることができます。

 

長く発信を続けるならセルフブランディングは必須です。

 

本質から学んであなたの魅力を高めていきましょう。

 

はじめての有料商品作りでやるべきこと

 

有料商品作りをはじめたいけど、何からはじめたらいいか分からない。

 

まずは全体像を知り、手順通りに進めていってください。

 

流れを知るだけでも思考がクリアになり、一気に時短になります。

 

進めやすいコツなど、私のやってきた経験を元にお話していきますね。

 

育児中の主婦でもできた!有料商品作りの進め方

 

商品作りを開始したのは、妊娠でつわりのある時期。家で上の子の育児をしながら進めていきました。

 

1日の作業時間は30分。

 

それでも有料商品を完成することができました。

 

まとまった時間が取れない。でも、挑戦してみたい。

 

そんな悩みにぴったりの前進できる方法をお伝えします。

 

人と被らないオンリーワンコンテンツの作り方

 

はじめての有料商品作りでぶつかる壁は、他の商品との差別化です。

 

すでに大きな実績があったり、特別なスキルがあれば問題ないのですが、ゼロからスタートの場合が多いはずです。

 

そんな場合でもポイントを押さえれば、道が見えてきます。

 

オリジナリティを持ちながら自分らしい商品を作っていきましょう。

 

長く愛され続け、ロングセラーになる商品の秘訣とは?

 

 

せっかく挑戦するなら、売れる商品を作りたいですよね。

 

やみくもに挑戦してしまうと、売れなかったり、販売直後は売れたとしてもすぐに売れなくなってしまうこともあるんです。

 

そうはなりたくなりですよね。

 

実は、ロングセラーになる商品と売れない商品には決定的な違いがあるんです。

 

カギは事前準備にあり。お客さんの悩みをリサーチしていけば確信を持って販売することができます。

 

講義では、ロングセラー商品作りの本質と私が実際にやっている具体例をお伝えしていきます。

 

多くの人が気付かないことだからこそ、しっかり押さえて他よりリードしていきましょう。

 

コンテンツのハードルが下がるマインド

 

私が有料商品に挑戦した当時、動画コンテンツを作るのが苦手でした。

 

全力を出しても10分以内のものばかり。

 

私には動画商品は無理かも・・・

 

そう思ったときにある考え方を身に付けたんです。

 

すると、一気にハードルが下がり、1時間超えのコンテンツを作れるようになったんです!

 

これはいける!と自信がついて完成まで一直線できました。

 

そのマインドをお伝えいたします。

 

 

 

ドレッシーコンテンツ