ども~綾波一朗です。

 

 

目(特に近視)で、悩んでいらっしゃる方は少なくないと思います。

 

 

しかも、原因は遺伝や目の酷使などで目が悪くなっていると・・・

 

思われている方が大半ではないかと思われますが、実は視力低下の原因は血流障害なんです。

 

 

視力低下は、メガネやコンタクトレンズで矯正できますが、毎日のことだと面倒くさいやメガネで耳や鼻が痛くなることもあると思いますが、年間にかかるコストを考えると「レーシック」をと選択する方も昨今では、普通になったのではと思います。

 

 

さて、今回は自宅で気軽に始められる「視力回復」をご紹介しますので、ご興味がある方は読み進めていただければと思います。

 

 

視力低下の改善は自宅でできる

 

 

 

販売業者 ハッピーライフ
運営責任者 赤城 裕一
所在地 〒236-0057 神奈川県横浜市金沢区能見台1-1-5
電話番号 050-7124-5227
E-mail admall☆hcl.yokohama ※☆を@に変更してください
販売金額 9,333円(消費税別・送料込)
返品・交換 不良品、または明らかに説明と異なる商品は、返品・交換に対応いたします。
商品到着後、1週間以内にご連絡ください。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません

 

 販売ページはコチラ

 

 

近視を改善させる秘密とは?

 

 

一般的に、近視を改善させるためには手術しかないのか?

 

 

今野先生の20年以上研究を続け、世間に出回っている様々な原因説を検証してみたり、
マッサージの効果を試してみたり、目だけではなく身体との密接な関係をも視野に入れ、様々な研究と実践を繰り返してきました。

 

 

その研究が10年を過ぎようとしていたとき、画期的なものと出会いました。

それを使い、視力を失って歩く事もままならない患者様を1度治療した結果、たった1回の施術で5m先を指差し「あ、時計だ…」と言ったのです。

 

 

視力を失っていた患者様が、たった1回の施術で光を取り戻した瞬間だったそうです。

 

更に、数日後2回目の施術を行いました。

すると、今度は時計の針が動くのが見える…そう言ったのです。

 

 

更に日が経った頃…
歩くことすらままならなかった患者様は0.01の視力が0.5にまで回復し、それはそれは、とても喜んで光のある生活へ戻られたそうです。

 

 

もちろん、角膜を削るような手術は一切行っていません。

 

 

その効果の高さが注目され、以前マキノ出版さんより、取材をうけ、特集が組れました。

更に、購読者様からの要望により、マキノ出版本社ビルで特に視力の悪い購読者様を集め2時間のセミナーが開催されました。

応募人数をはるかに上回るお申込みが殺到し、近視、乱視、飛蚊症などを患っている人が、そのセミナー内で先生がお伝えしたエクササイズを実践し、何と88.8%の方が、視力を向上させたのです。

 

 

 

手術では視力は回復できない?

 

 

 

 

視力回復のための手術は、レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ラセック、ウェーブフロント、フェイキックIOL、PRK、フレックスPRK、放射状角膜切開術、など様々なものがありますが、現在最も一般的なのはレーシックです。

 

2000年以来、エキシマレーザー装置(レーザー光を発生させる装置)が医療機器の承認をうけ、販売が許可されたことから、日本でもレーシック手術が行われるようになりました。

 

 

レーシックは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であるため、角膜に一定の厚さが必要であり、角膜が薄い場合や
眼に疾患等を抱えている場合は、手術が受けられません。

 

 

更に、近視の進行する10代の若年者も同様、手術を受ける事が出来ません。

 

 

また、レーシックの歴史は浅く、長期に渡る後遺症の安全性は未確認だともいえます。

 

 

2000年、レーシック手術導入当時は、手術を受けた患者数は2万程度でしたが、2008年には年間に40万人もの人が、レーシック手術を受けています。

 

 

しかし、その中で多く報告されているのが後遺症

 

 

何と、手術を受けた6ヵ月後には33.36%の人がドライアイになってしまっているのです。

 

 

ドライアイと聞くと、誰もが大した事ではないと軽視するかと思いますが、深刻な場合は、人工涙液や涙点プラグなどが必要になる事もあります。

 

 

 

他にも合併症としては、術前より矯正視力が低下し、眼鏡やコンタクトレンズ、再手術によっても矯正できないことがある事をはじめ

 

 

過剰矯正および矯正不足

 

視力の変動

 

ゴースト像

 

フラップのシワ

 

フラップの下の塵や腫瘍

 

フラップの穴

 

照射のズレによる乱視

 

角膜拡張

 

飛蚊症

 

上皮浸食

 

後部硝子体剥離

 

黄斑円孔

 

 

など、多くのリスクがつきまとっているのです。

また、現段階ではレーシックは保健適応外になっており、費用も患者様ご自身の全額負担になってしまいます。

快適な生活を手に入れるために、決心して挑んだ手術が、後遺症を残してしまっては何の意味もありませんよね。

 

 

実際に、レーシックでの失敗や後遺症はニュースにもなりましたよね?

 

 

普段から、メガネやコンタクトレンズを使っている方も大勢いらっしゃるかと思います。
しかし、メガネやコンタクトレンズは視力を回復させてくれません。

 

それどころか、悪化していく一方です。

 

 

近視の原因を解決せずに、その場限りの矯正を行っていても、当然目が良くなる事はありません。

そんな悩みが多かったからそこ、先生はこの「近視改善エクササイズ」を確立させたのです。

 

 

近視になる理由を間違ってる!?

 

 

 

 

目が悪いのは親からの遺伝?

 

目を酷使しすぎているのでは?

 

 

もし、あなたがこのように思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

 

近視、視力低下の原因は血流障害です。

 

しかし、多くの方はこの事実を知りません。

 

身の周りの人に聞いてみてください。

 

「近視になる原因を知っていますか?」と。

すると、ほとんどの人が「目の使いすぎ、親の遺伝」などと答えるでしょう。

 

しかし、事実は違います

血流障害は、目の周囲の眼筋や角膜や水晶体や網膜の各細胞・視細胞などや脳に伝達する視神経などを弱らせ、あらゆる器官に影響を与えます。

 

近視の種類でも、屈折性の近視や軸性の近視も血流障害でレンズの湾曲や眼軸の長さに影響を与えます。

 

そんな影響を受け、屈折異常を起こし、ピントが合わなくなってしまうんです。

 

人間の病気の根元は何かと問われれば、酸素欠乏症です。

 

酸素不足が血流障害を引き起こし、栄養障害を引き起こしたり、細胞の活性化や本来人間が持っている生体エネルギーを弱らせます。

 

血流促進は、皮膚・筋肉・骨を同時刺激することで、自律神経の乱れを改善し、
脳や内臓に自分の役割の信号を的確に送ります。

 

皮膚には情報管理システムがあり、筋肉も太ももなどにも心臓をしなやかにするセンサーがついています。

 

全身からの刺激は、体全身を整え、各器官に良い情報を伝え、健康体維持の働きが起こるのです。

 

親子間では、幼少時代から同じ環境で育ち、食生活も類似しています。

 

結果、親子で近視が強く出たりするのです。

 

多くの方は、そういった知識がなく、近視を改善する為にはレーシックなどの手術しかないと思っています。

 

 

正しい知識と方法さえ知っていれば、視力は回復するのです。

 

 

あなたもこの方法で近視を改善してみませんか?

 

 

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ