バレンタインは誰のために!?バレンタインの由来とは!

 

 

ども~綾波一朗です。

 

 

日本では、ことあるごとに祭日が増えているように思えるのは僕だけですかね~(笑)

 

 

しか~しですね。

 

これだけ日本中で騒がれていても祭日ではない日ってありますよね?

 

 

ま~基本的に日本が作った(発祥元)ではないにしろ、毎年、老若男女問わずにプレゼントや記念日とされるのが「クリスマス」や「バレンタイン」ですよね。

 

 

ウチでもそうですが、今日は「クリスマス」だからケーキをたくさん食べても叱られないし、多少就寝時間が遅くなったりゲームをする時間が長くなったりなど正月並みの待遇を受ける子供たち。

 

 

と、どこの家庭でも特別な日になっていると思いますよw

 

 

 

今回は、特に学生時代に胸ときめかせていた「バレンタイン」について語ってみましょう。

 

 

 

バレンタインデイの由来とは?

 

 

 

ローマ帝国発祥説
バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日だった。ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと女たちは生活が別だった。祭りの前日、女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の女は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

ウィキペディアより引用

 

 

というのが、ローマでの説みたいですが、後述で記されている処刑の日が記念日と言うのも微妙なので、前述での「女神・ユーノー」の祝日というのがピッタリなような気もしますねww

 

 

日本では何故チョコレートをプレゼントする?

 

 

 

日本では、1958年ころから流行した。ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっている。戦前に来日した外国人によって一部行われ、第二次世界大戦後まもなく、流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半であった。「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころであった。なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、一説に大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生であるとされる。
しかし、原邦生が行ったとされるイベントは昭和33年であるのに対し、神戸のモロゾフ製菓が20年以上前の昭和11年2月12日に外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告を既に掲載しており、モロゾフ製菓がバレンタインチョコを最初に考案した仕掛け人であるとされる説が最有力である。
そして日本チョコレート・ココア協会によると、1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られており、その理由は、神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからとの事である。

現代日本社会におけるバレンタインデー文化の、起源、普及過程、社会的機能、歴史的意義などについては、民俗学、社会学、宗教学、歴史学(文化史、商業史)の各分野から研究されるべき事項であるが、バレンタインデーに関するまとまった研究は存在しない。

ウィキペディアより引用

 

ちょうど「ギブミーチョコレート」って時代背景があったのでしょうかね~(笑)

 

 

そこにお菓子メーカーが売り込みをかけて、今に至って「バレンタインデー」にはチョコを贈り、それが発展して女子から男子に告白するアイテムとして生まれたのかもしれませんね。

 

 

やはりチョコレートと言えば「Godiva/ゴディバ」が有名ですね~w



 

僕も若いころには、よくいただいていましたが今では・・・(汗)

 

 

バレンタインでチョコ以外も嬉しい!?

 

 

 

 

もちろん、愛情がこもったものならば、男子は何をもらっても嬉しいと思うのは僕だけではないはずですww

 

 

足を使って吟味して選んだもらったものは当然ですが、最近では仕事もプライベートも多忙な方ばかりだと思います。

 

 

大手のネットショップで膨大な品数に悩んで決めるのも悪くはありません。

 

 

洋のスイーツは鉄板かもしれませんが、ライバルに差をつけるために「和」のスイーツというのも良いですよ。

 

 

どちらかと言うと僕が和菓子好きなもんで・・・www

 

 

しかし、これは和と洋の良いとこどりというか、融合(合体?w)と言うべきなのかは分かりませんが、縁結びと神話の地出雲で明治40年に創業し、以来110年以上にわたり「茶園から茶の間へ」の理念のもと、お茶を作り続けている会社の出雲抹茶スイーツ「出雲抹茶ショコラテリーヌ」は縁起担ぎにはもってこいだと思いますよ。



バレンタインは食べ物以外でも良い?

 

 

 

どうせプレゼントするなら形が残るものをと・・・

 

お考えの方もいらっしゃると思います。

 

 

僕は基本的にスーツにネクタイというスタイルなので、意外に悩む組み合わせがスーツとYシャツとネクタイなんですよね~w

 

 

よく嫁さんに言われるのが、ストライプ(はっきりとしたもの)のスーツにストライプのシャツを合わせるのはナンセンスだと・・・。

 

 

僕も思いますwww

 

 

でも、その時の気分でシャツを選んで一瞬ためらうのですが、ボタン閉めたら目立たない(クレリックシャツに限り)から良いっかーくらいです(笑)

 

で、そこにストライプのネクタイやら締めたら「お前はシマウマにでもなりたいんかい」と自分で自分にツッコミを朝から入れてます。

 

 

なので、アイテムというのは女性目線で選んでもらった方が、100倍センスがよくなりますよwww

 

しかも自分が選ばないものの方が多いので男としては助かるんですね~。

 

 

それと気になったのが左利き用財布。

 

 

ま~僕も財布が好きで色々見ていましたが、左利き用があるとは思いもよらなかったです。

 

 

それがコチラのショップで「TAVARAT/タバラット」です。


 

 

きっと貴方のセンスで男性が変わりますね。

 

 

バレンタインプレゼントはインパクトで勝負!?

 

 

 

 

これは生涯に残りそうなプレゼントになりそうですね。

 

 

お守りなので、いつなんどきでもプレゼントされて邪魔にはなりませんし、思いは確実に伝わりそうです。

 

 

今まで「盛り塩」のことは、なんとなく縁起が良いものだとは思っていましたが、こういう場面にも活用できるのだと再認識させられた感じです。

 

 

塩(えん)で良縁を応援という『新・おまもり【フォトお守り】』にはお守りの中に御祈祷されたお塩がご内符として納められています。
そのことにより、デザインにつきましては、お塩をテーマとして盛り塩を表現いたしました。


 

 

この、お守りなら良縁をゲットできそうですもん。